×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

子供用 の 傘 の 選び方

子供用の傘を選ぶ場合は、出来るだけ丈夫なものを選ぶことが、重要といえるのです。子供用の傘は、非常に手荒く使われることが多く、たとえば、傘の先を地面にこすりながらあることは当たり前で、それを振り回し、物をたたいたりすることもあるのです。

スポンサード リンク

子供用 の 傘 の 選び方

子供用の傘を選ぶ場合は、出来るだけ丈夫なものを選ぶことが、

重要といえるのです。

子供用の傘は、非常に手荒く使われることが多く、

たとえば、傘の先を地面にこすりながらあることは当たり前で、

それを振り回し、物をたたいたりすることもあるのです。

子供用の傘といえばキャラクターものを選びがちですが、

それらの多くは、簡単な作りなのですぐに壊れてしまうので、

かえって傘の骨の部分がが金属で作られたもののほうが、

修繕も利きやすいといえるのです。

また、子供の傘ほど、紛失したり、間違って持って帰ることも、

非常に多いといえるのです。

紛失することは仕方の無いことなのですが、

間違って持って帰ると、他の人に迷惑がかかるので、

もち手の部分に、テープを巻くか、

柄の部分にテプラなどで、名前のシールを張るようにして、

一目見て自分の物とわかるようにしておく必要があります。

そういう意味では、雨がまだ降っていないときは、

あえて大きな傘を持たすのではなく、折りたたみの傘を、

持たしてあげてもいいのではないでしょうか?

折りたたみの傘であれば、カバンに入れてあげれば、

忘れることもありませんし、人と間違うこともありません。

子供用の折りたたみ傘も最近ではいろいろとあるので、

自分の好きな色を選ばせえあげれば喜んで持っていくはずです。

子供用の傘は、壊れてしまうというのが当たり前なので、

つぶれるということを前提にして、

時々JRなどがやっている、忘れ物市などで、

いっそう数本まとめ買いもいいかもしれませんね。